スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鬼さんこちら】第4話

 樹嶋家。
 武芸遊芸で名の知れた一族。

 森林に囲まれた集落1つ分もの敷地を所有しており、外部から遮断された風変わりな雰囲気を持っている。
 他所には無い仕来りとして、本家も分家も関係無く同じ敷地内に居を構える事が義務付けられており、現在は住込みを含む総勢40人もの人間が敷地内で暮らしている。

 敷地内では各種武芸・遊芸の門戸【樹嶋流】が開かれており、現在は武芸に剣術・柔術・弓術・棒術が。遊芸では華道・茶道・舞踊が有る。
 男性は主に武芸を、女性は主に遊芸を会得する事が代々の仕来りとして受け継がれている。

 ちなみに、朔刃は父親が剣術を継承している事も手伝って女性ながらも武闘派に育ってしまい、笹女は護身用として棒術をある程度会得している。
 建物が幾つか並んでいる中でも、一番大きな家が樹嶋家本家。

 部屋でソファに寝転びながらファッション雑誌を読んでいる男性が居て、その部屋に女性がノック無しで入って来た。

「兄者。その辺に散らばってる資料、邪魔だから片付けるか仕舞うか整頓したら如何ですの?」
「どの選択肢を選んでも片付けろって事か?美人有能秘書様、手伝ってくれよ」
「茶化さない。御自分で最後まで責任を持ってもらいたいですわ」
「へーい」
と、間の抜けた返事をするものの、整頓する素振りは見せない。
 呆れた様に溜息を吐くと、自分の足元に散らばっている雑誌をまとめ始めた。


 男性が、樹嶋家現当主・樹嶋空路(きしま くうじ)
 歴代の当主陣の中では最年少。
 一族を纏め上げる当主としての貫禄も有るのだが、飄々とした風貌と性格からか、どうしても軽い印象を受けてしまう。
 当主の傍ら、服飾デザイナー「ソラミチ」としての仕事もしている。

 
 優艶な口調の女性が、樹嶋葵(きしま あおい)
 早生まれで空路と同い年の妹。
 誰もが認める有能秘書として忙しい日々を送っており、「裏当主」と云う二つ名を持っている。

 この2人は笹女の兄、そして姉である。

 
「今日は笹女さんと朔刃さんが帰省される事は知っていますの?忘れたとは言わせませんわよ?」
「忘れてねーよ。貴重な帰省日なんだから、逐一チェックしてるぜ」
 カレンダーに視線を送ると、今日の日付に花丸が付けられていて、丁寧に『笹女帰省』とまで書かれてある。
「・・・・・・笹女さんには甘いですわね」
 葵が目を細めながら言うと
「お兄様は妹達にゃ優しいじゃねーか」
と、自信満々に答えるが
「でしたら妹達が驚く様この部屋を綺麗に片付けて下さいませ。笹女さんのお部屋は広いのに綺麗、私の部屋も負ける気がしませんのよ?」
「あー、分かった分かった!!片付けます、片付けますよ葵様!!」
 葵の小言が地味に続くので、空路は諦めた様に読んでいた雑誌を閉じて足元に散らばっている資料を片付け始めた。
「掃除機、持って来ていますわよ」
と、ニッコリ笑顔で応える。
 空路の手玉に取られていると見せかけて、実は逆と云うこの辺りが「裏当主」と呼ばれる所以である。

「それにしても・・・・・・笹女さんも朔刃さんも、随分と道草をしていらっしゃるようですわね」
 窓の外を眺めると夕暮れが近いらしく、既に空が薄っすらと茜色を帯びていた。
「久々の帰省だからな。道草ぐらい大目に見てやってもイイさ。ところで葵、オレの2台目のデジカメ知らねぇか?」
 と、周囲を見回していた。
「空路兄、ココの引き出しだ!」
 空路と葵の2人の間をすり抜け、1匹の白猫が机の一番下の引き出しを指した。
「あー、思い出した。そう言えば、あの時は電話しながら片付けてたから気付かなかったぜ」
 ポンと手を打ち、机の引き出しを開けると小型デジカメが入っていた。
「お前よく覚えてたな。サンキュ、函(かん)」

 二股尻尾の白猫は空路のアートの『函』。
 喜怒哀楽が判り易く、元気な子供の印象を受ける。

 
 廊下からバタバタと足音が聞こえて来た。
「ただいま戻りましたですぅ!!」
 ドアが開けっ放しだった空路の部屋に、笹女が飛び込んで来た。何故か後ろには橘が。
「帰ったか」
「お帰りなさい、笹女さん。橘さんも御一緒でしたの?ところで、朔刃さんは?」
 空路と葵は笹女と橘と云う珍しい組み合わせに驚いたが、来るはずだった朔刃の姿が見当たらず首を傾げた。

「大変ですぅ、朔刃ちゃんが・・・・・・」


 空路と葵の2人は笹女と橘の切迫した様子に気付いた。


「笹女を庇って、何者かに攫われてしまいました」






 笹女は事の次第を説明した。
 まず、相手側が笹女を狙っていたらしい様に思っていたのだが、朔刃が笹女を逃がす為に2人は別れた。
 しかし、それは相手の策略で本当に狙われていたのは朔刃だった。
 気付いた時には時既に遅し、朔刃は奴等に連れ去られていた。


 先程の和やかな雰囲気とは打って変わって、神妙な様子で2人は黙って笹女と橘の話を聞いていた。

「現場には、この手紙が残されていましたですぅ」

 話し終えると、現場に残されていた1通の手紙を差し出した。
 笹女と橘は既に読んでいたのだが、文面に判らない箇所もあるので空路なら判るかも知れないと思っていた。
 手紙を読み終えた空路は、それを葵に渡すと黙ったまま何か熟考していた。
「・・・・・・空路?」
 沈黙に耐え兼ねたのか、意を決して空路に声を掛けた。
「・・・・・・あぁ、悪ィ。ちょっと考え事してた」
 そう言いながら、葵が手紙を読み終えるのを待っていた。
 手紙を読みながら、葵は困惑した様子で空路に尋ねた。
「葵や笹女や橘にも、知らない事が有るのは当然だ」
 こんなに険しい表情の空路を見たのは笹女も橘も初めてなので、どう声を掛けたら良いのか戸惑っている。
「手紙の内容、お前等も見たんだろ?」
 空路の問いに、笹女と橘は同時に頷いた。
「でも、理解出来無い内容とか混じっていたからイマイチ・・・・・・なんだよな」
 笹女と橘は既に手紙を読んでいたのだが、どうしても判らない内容だった。
 当主でもある空路なら判るかも知れないと思い、橘は言葉を選んで答えた。

「『樹嶋朔刃が誰なのか判っている』、って、どういう事ですの?誰なのかって・・・・・・朔刃さんは朔刃さんですわよ?」
「姉様の言う通りですぅ~・・・・・・」
 そう言いながら、何も反応を起こさない都綺を空路の前に差し出す。
 妹達の質問に目を閉じて黙り込んだが、ゆっくりと目を開くと何やら意を決した様な顔付きを見せた。
「アオ」
「はい、何ですの?」
 先程までの飄々としていたはずの空路の雰囲気が変わったのを察知し、葵も真剣に応える。
「今日は無理だな。明日、全員に話があるから来れる奴等全員に召集を掛けろ。急だから来れない奴等は仕方無い。その時は葵、お前達の能力を借りる事になる」
「何なりと」
 一言だけで答えると、空路の頼みを承諾した。
「葵、お前は此処で待機しておけ。親父や秋光叔父達には、手紙を見せれば判る」
「説明は不要って事ですの?」
「・・・・・・葵、キツイ仕事押し付けて悪ィな」
 当然の事ながら「貴方の娘が攫われた」と、教えに行くのは教える方が一番の苦痛だと云う事は安易に想像付く。
 空路は申し訳無いと言いたそうな様子だが、葵はフッと笑った。


「何を今更。兄者が用意される面倒事は毎度の事ですわ」



と言い残し、手紙を持って空路の部屋から出た。
「さて・・・・・・」
 空路は一つ深呼吸をすると、笹女と橘と向き合った。
「オレはこれから朔刃を助けに行く準備の準備をするが、お前等はどうする?」
「・・・・・・準備の、準備?」
 何やら不思議な言い方に首を傾げる笹女。
「始めに言っておくが、この問題は生半可なモンじゃない。樹嶋家を揺るがす事になりかねない。それでも行くと言うなら、それなりの覚悟はしておいてもらいたい」
「・・・・・・巻き込まれた方だけどな、こうなったら最後まで付き合ってやるよ。それに、朔刃は簡単にやられる様な奴じゃねぇだろ」
 腹を括った様子の橘は半強制的な雰囲気ながらも同行する事にした。

「笹女。昔から朔刃と仲が良いのは知ってる。だから、お前には耐え難い事かも知れねぇ。樹嶋家頭首じゃなくて、お前の兄貴の樹嶋空路として言うが、同行は強制しない」

 空路は未だ戸惑っている笹女に問う。

「笹女は・・・・・・」













「御出でなさい―――――叫演」

 小さく呟くと、葵の手元にA5サイズ程の1冊の紺碧色の本が姿を現した。
 葵の物型アート[叫演(きょうえん)]
 ページを捲ると中身は全て白紙状態であるが、どのページに何があるのか知り尽くしている。

 あるページで手を止めると、そのページに手を重ねながら目を閉じて精神統一をする。
 瞬間、叫演が光の帯で葵を包み込む様に、アート能力を発動させた。


「水響旋律」










登場人物紹介
●樹嶋笹女(きしま ささめ)/17歳/黒清蝶
アート:伊厘/人型
●樹嶋橘(きしま たちばな)/樹嶋家・分家/21歳/黒瞬虎
アート:ブレイク/物型

●樹嶋空路(きしま くうじ)/樹嶋家当主/黒快蟲
アート:函(かん)/獣型
●樹嶋葵(きしま あおい)/樹嶋家・本家/黒烈竜
アート:叫演(きょうえん)/物型

コメント

Secret

プロフィール

苑(おん)

Author:苑(おん)
「おん」と読みますが「Bさん」でも可。
ECO・PBM・太鼓とかあれば大抵は幸せな人。
かつて大臣と呼ばれたP.A.S.難民。

【プロフィール詳細】
【リンク詳細】

【ECO】
ECOはフリージアのみ稼動。声掛け歓迎。
ピッグーが好き過ぎて辛い。
二次創作サイトは此方。
参加キャラ(自前リング「弐界戯曲」所属)

1st:トセット 天/♀/槍
トセット

2nd:シロフォン 人/♀/農
シロフォン

3rd:ハネウタ 天/♀/魔
ハネウタ

4th:ラピメント 人/♀/商
ラピメント

5th:樹嶋朔刃 悪/♀/剣
樹嶋朔刃

6th:樹嶋笹女 人/♀/巫
樹嶋笹女

7th:王瀬・ラピメント 悪/♂/商
王瀬・ラピメント

8th:桂丞 悪/♂/隠
桂丞

9th:滝里心露 人/♀/冒
滝里心露

10th:徐泪耶 人/♂/鉱
徐泪耶

11th:マルカート 天/♀/癒
マルカート

12th:ナタルマ 天/♀/闇
ナタルマ

20070709211332.jpg
(C)2011 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

<応援企画>
ECO武神アンソロ
ECO武神アンソロジー【Dimension Party】
C80にて販売されます。


ECO・攻略ブログ

">うちのこ主張

【プラチナステージ】様

FC2カウンター
mixi
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
一覧表示カテゴリー
リンク
Twitter
[pixiv]
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。