スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕学シリーズで格闘ゲームの要素を考えてみた

~呟~
本気とネタの境界線がドコで途切れたのか謎です。
タツノコvsカプコンの影響なのか。
PBMキャラで、こんなのを創ってみました。
(※サムネイルクリック※)

格闘ゲーム風味:朔刃

題して【ぼくらの学園バトルステージ】で、どうでしょう(疑問

埃塗れの格ゲー知識を引っ張り出して来たので、専門的な所までは行けないものの

シャレなので、本気で捉えないで下さい。

必殺技とかは、過去シリーズからの抜粋とか色付けとかしてetc。
資料は色々物語ります。

朔刃はバリバリの戦闘型だからなぁ・・・・・・ちょっと暴走したr


=STORY=
 放課後の部室棟の一角に在る、剣道部専用の武道場。
 いつもと同じ練習風景なのだが、今日はいつもと雰囲気が違っていた。
 試合場には場外を示す境界線が有るものの、其処に立って試合をしている2人は境界線を躊躇もせず踏み越え、時には中に戻って互いに竹刀を交えていた。
「面ーーーッ!!」
 白い襷の剣士は相手が打ち込んで来た面に対し、一歩後退して一撃を交わすと、ダンッ!!と床を踏み込んで竹刀を振り下ろした。
「勝負有り!樹嶋朔刃!」
 審判が白い旗を揚げると、2人の試合を見ていた部員達は大歓声を上げる。
「OK、当然よねェ」
 そう言いながら白襷の剣士が面を外すと、紺色で統一された剣道具に銀色の髪が映えた。
 ボサボサの髪を頭上で纏めて結わえ上げる。
 樹嶋朔刃、剣道部に所属する高等部2年生。


 着替えや道場の清掃を終えると、主将がミーティングルームに全員を招集した。
「全員揃った様だな。・・・樹嶋、前に」
「はぁい」
 制服姿・・・と言っても、改造値を超えた制服は私服にしか見えない。
「さっきも言った様に、決闘部主催の【闘技大会・体育会系の部】に、我が剣道部からは樹嶋朔刃が出場する事になった」
 主将の言葉に、全員が歓声と拍手を送る。
「樹嶋。お前は部員全員の中で最後まで勝ち残ったから、本選でも頑張る様にな!」
「朔刃、ガンバレよ!」
「応援してます、先輩!」
「朔刃、絶対勝つよね!」
と、次々と激励の言葉を受け取る。
「センパーイ、栄養補給ですっ!コレで優勝決定ですっ!」
 後輩が持っていた箱を覗き込むと、朔刃は頭上にハートマークを散らした。
「これは・・・購買【スイーツ壱番街】の『欲張り!いちごスイーツセット』じゃないの・・・!?コレをアタシに・・・・・・?」
「もっちろーん、です!」
「GETするのに苦労したんだぜ!だから、苦労した分は勝ってもらわないと、苦労したオレ達も浮かば・・・・・・って、もう食ってるし!」
 嬉しそうに目を細めながら、1個目の苺クレープを頬張る。
「う~ん、美味しい・・・苺セット久々に出会えたわよ」
 どうやら超限定品らしく、苺好きの朔刃でもこのセットメニューに出会える確率は低い様だ。

「樹嶋、食べながら聞いてくれ。我々、剣道部の知名度や部費アップのチャンスでもある。だが、部長や主将は出場不可だから応援する事しか出来ないのがもどかしい。だから部活内選抜を行い、剣道部で最も強い者・・・つまり、お前が選ばれた。敗れた者を背負うのは重い、しかし・・・最後まで勝ち残ったお前こそが・・・・・・」

「桂丞、それアタシのスティックケーキ!!」
「早い者勝ちが世の常だ」
「何ですってェ・・・コレは元々アタシの為のスイーツなのよ!!」
「味覚も一緒なのは朔刃も重々承知してるだろう、余所見してる方が悪いに・・・・・・って、俺のマフィンだ!」
「口だけ達者なのも問題よねェ、この馬鹿兄貴!」
「お前・・・妹と思って遠慮してやってたが・・・」

「主将。朔刃とアートの桂丞、主将の話は無視してます」

 朔刃とアートの桂丞は、熾烈な早い者勝ち合戦を行っていた。

 どこまでが本気なのかは判らないが、2人は揃って格闘センスに秀でているので剣道部ではあるものの、素手での格闘も激しいものがある。

「朔刃!桂丞!オレの話を・・・・・・」
「聞いてるわよー、部長の話。先に吹っ掛けて来たのは桂丞だもの・・・主将。今日現在の公認運動部の数と闘技大会に出る人数は?」
 朔刃の質問に、端末を繋いで資料を探る。
「公式認可されている運動部の数は59団体。今日現在で決まっている出場者数は、32の所属・・・32人。まだ選考中と云う部も多い様だな」
「ふーん、半分は決まったのねェ」
 生クリーム塗れの苺を口の中に放り込む。

「ルールは自分に合った戦闘スタイルであれば、素手でも武器でも手段は問わない。勝ち進んで行く、それだけだな」
「ま、大丈夫よ」
 そう言いながら、ショートケーキを残したまま箱の蓋を閉めた。
「勝つ為の試合だ、問題は無い」
「桂丞。たまにはイイ事も言うじゃない、見直したわ。そうね、負けちゃいられないわよ」

 朔刃は部員の顔を見渡すと、短く一言だけ言った。



「OKベイベー?」



Fin

コメント

Secret

プロフィール

苑(おん)

Author:苑(おん)
「おん」と読みますが「Bさん」でも可。
ECO・PBM・太鼓とかあれば大抵は幸せな人。
かつて大臣と呼ばれたP.A.S.難民。

【プロフィール詳細】
【リンク詳細】

【ECO】
ECOはフリージアのみ稼動。声掛け歓迎。
ピッグーが好き過ぎて辛い。
二次創作サイトは此方。
参加キャラ(自前リング「弐界戯曲」所属)

1st:トセット 天/♀/槍
トセット

2nd:シロフォン 人/♀/農
シロフォン

3rd:ハネウタ 天/♀/魔
ハネウタ

4th:ラピメント 人/♀/商
ラピメント

5th:樹嶋朔刃 悪/♀/剣
樹嶋朔刃

6th:樹嶋笹女 人/♀/巫
樹嶋笹女

7th:王瀬・ラピメント 悪/♂/商
王瀬・ラピメント

8th:桂丞 悪/♂/隠
桂丞

9th:滝里心露 人/♀/冒
滝里心露

10th:徐泪耶 人/♂/鉱
徐泪耶

11th:マルカート 天/♀/癒
マルカート

12th:ナタルマ 天/♀/闇
ナタルマ

20070709211332.jpg
(C)2011 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

<応援企画>
ECO武神アンソロ
ECO武神アンソロジー【Dimension Party】
C80にて販売されます。


ECO・攻略ブログ

">うちのこ主張

【プラチナステージ】様

FC2カウンター
mixi
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
一覧表示カテゴリー
リンク
Twitter
[pixiv]
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。